FC2ブログ
プロフィール

伝法谷 敦志(デンポウヤ アツシ)

Author:伝法谷 敦志(デンポウヤ アツシ)
1963年3月24日生 北海道夕張市出身。
高校卒後、就職の為上京。1年で退社後俳優を目指し
1984年から仲井真嘉子(ナカイマ ヨシコ)の内弟子となる。
それ以来ワークショップの活動を支え続け、2001年より
仲井真嘉子の後を引継ぎ主宰者となる。

最新記事

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

N・Y アクターズワークショップ
N・Y アクターズワークショップでは、マイズナーテクニックを演技の基礎として学べます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主宰者 伝法谷 敦志
dempoya.jpg
主宰 伝法谷 敦志(でんぽうや あつし)

1963年3月24日生 北海道夕張市出身。高校卒後、就職の為上京。1年で退社後俳優を目指し1984年から仲井真嘉子の内弟子となる。それ以来ワークショップの活動を支え続け、2001年より仲井真 嘉子の後を引継ぎ主宰者となる。

私がN・Yアクターズワークショップに入る以前、他の養成所で初めて俳優の勉強をしました。 そこではいわゆる新劇と呼ばれる大手劇団の講師からスタニスラフスキーシステムをベースにした演技を学びました。 しかし、卒業公演後にその講師から「君は器用だから何でもやってしまうが、中身がない。」と言われました。

 「中身がない?」、その講師からは結局中身をどうしたらいいかという方法は教えてもらえませんでした。 たとえ外面だけを真似ても器用でしかない、果して中身って?。

ちょうどその頃、友人が持っていたチラシの中にサンフォード・マイズナー氏の写真入のパンフレットがあり、しかも「潜在意識の開放・・・」というキャッチフレーズでした。 それを見た私は「潜在意識?!、中身どころかこりゃ深そうだ。」と思い、レッスンを受けることにしました。

まず、最初に衝撃的だったのは台詞の稽古をせず、2人一組でお互いが相手からくる印象をどう感じるか、それを相手に言う訓練でした。 これは「マイズナー・メソッド」の最も基礎の部分で、俳優の感性を豊かにし、それを活かすことによりリアリティーのある舞台が実現できるのです。

つまり、喜怒哀楽を表すふりをするのではなく、俳優自身が舞台上の設定の中で喜怒哀楽を感じるからこそ、結果としてそれが観客に伝わり舞台が面白くなるのです。俳優と言うのは結局“人”を演ずることです、スタニスラフスキー氏が「真実の感情の鍵は与えられた状況の中で、人間の問題を充分に理解する事だ」と言い、サンフォード・マイスナー氏はそれを具体的な訓練方法として確立し、仲井真 嘉子によって10970年代に日本に紹介されました。

そうして仲井真 嘉子は、実力のある俳優を育てるため後進の指導に専念し、私もようやく2000年にニューヨークの演劇学校ネイバフット・プレイハウスに行き、高い評価を受けた事で確固たる自信を持つことができました。

<☆独立プロを目指そう☆>
私の夢は、近い将来このマイズナーテクニックを身につけた俳優たちとともに作家性のある映画や舞台制作に励み、世界中の人々に感動を与え続けることです。 テーマは「作品性を追求し、プロレベルで自主映画を作り続けること」です。

自主映画って言うと日本では「お金をかけずに作る学生映画」ってイメージがまだまだ強いと思うんです。欧米ではすでに、メジャー作品よりもインディーズ作品がアカデミー賞を受賞するなどしていますよね。 そういう影響を受け、ようやく日本でも映画製作のシステムが変わりつつありますが、まだまだ既存のシステムの影響が強いように思われます。

そこで、現在友人らと共に上記テーマに共感し、それぞれが作りたい!と思えるものを作れる“環境”を整える準備を進めています。 とりあえず、興味がありましたら遠慮なく連絡ください。できれば直接お会いして話が出来ればと思っています。 これを読んでくれたあなたと友人になれることを楽しみにしています。

スポンサーサイト

テーマ:自由への道程 - ジャンル:学問・文化・芸術



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。